酒粕でパンをその2

赤ちゃんが寝ている間のほっと一息タイム、いかがお過ごしですか。

さて、前回酒粕を起動させてパンを焼く!を見事に失敗させてみたのですが、懲りずにまだやってます。
今チャレンジしているのは酒粕といってもあまり絞っていないタイプで、アルコールもわりと含まれているかんじのものなので難しいのかもしれません。気を取り直して12月20日から育て中。現状変化ナシ。

そして新キャラ。今回は自宅にあった洋ナシから酵母を起こそうとたくらみ中。こちらも同じく12月20日から育ててますが、こちらはいいかんじに泡が出て来ました。本によると6日間はかかるらしいので、もうちょっと育成予定。

さらに、この酵母が起きた後(酵母液というらしい)にこの液体を使ってパンを失敗なく焼くための酵母をデカい容器で作るらしいのですが、うまくいくかどうかわからないのになぜか容器を買ってしまいました。
画像


買った本によると、1.8リットルは入るビンを用意すべしとのことだったんですが、なんかこの「らっきょう容器」が口が広くて使いやすそうだったので購入。バーゲンだったし。

ということで、順調にいっても焼くのは来年というパンごときになんという気長な計画ですが、どうなるでしょうか。

この記事へのコメント

2010年12月26日 02:33
いや、、、、なんというか、、、成功するといいね、
さすが自作マニア!

この記事へのトラックバック